就職して半年、自分の就職活動を振り返る

これまで旅行に行った時にしか更新してこなかったですが、今日は少しプライベートなネタを。

それは、私がどのような就職活動をしたのかということ。
就職して半年程経った今、あまり世間的に言えないような就職活動をしたのか赤裸々に綴っていこうと思う。

いや、最初に言っておこう。
自分は真面目に就活をしなかった。
なのでこれから就活する学生の参考には全くならないし、しないで欲しい。

ただ結果的に恵まれた環境に就職できたので、こういう人もいるぐらいで読んでいただけるといいと思う。

ではまず、自分が大学4年生だった就活のザックリしたスケジュールは

  • 3月1日:就活解禁日(企業エントリースタート)
  • 6月:選考開始
  • 10月:内定

っていう感じだった。

まぁ、就活が解禁する前にインターンシップとか大学主催の就活セミナーとかがあったりしたのだが、インターンシップは行かなくてもどうにかなるだろうと考え行かなかったし、就活セミナーも皆んなと同じことをしてもしょうがないと考え全て参加しないまま就活解禁日を迎えた。

(今考えると就活セミナーに参加しなかったのは皆んなと同じだと勝てないと思ったからなんだろうな。)

そして、解禁日を過ぎても全く就活をしませんでした。

いや、個人的にはしていたんだけどね。

この頃に自分が志望していた業種はデザイン系、特にWebデザインがしたいと思っていたのでそのための準備をしていたのです。

しかし、自分の通っていたのは理系の学校で、デザインの勉強なんかしたことないので独学で勉強していました。

 

今思えばデザインを独学で、しかも数ヶ月で習得しようなんて無謀であさはかな考えだなぁと思います。

 

まぁ、とりあえずサイトをいくつか作ってポートフォリオにまとめて何箇所か会社に応募しました。

最初に行ったのは新宿にある大きめな会社。(その後の面接で行った会社と比較しても一番大きい。)

ここは、3回ある面接の内1次面接で終了。

ここでの面接で大きな会社は体質的、環境的に合わないことが分かった。

2件目の面接は、秋葉原にある小さな会社。

今まで面接を受けに行った会社の中で一番面接が盛り上がった会社だ。

うっかりポートフォリオを見せなければ、やる気で受かっていたかもしれないことを考えると非常に惜しいことをした。

その後2,3件受けた会社も1次までしか進めなかった。

これが大体、11月くらいだったような気がする。

この頃にやっと、デザイン系企業から路線変更することも考えるようになった。

が、この頃は大学の研究も忙しくなってきた時期だったので就活がおろそかになっていた。

1月くらいに研究発表は終わったのだが、その後はほとんど面接に行きませんでした。

なぜかというと、就職するかこのまま就職せずにバイトしながらデザインを学ぼうか悩んでいたからです。

で、そのまま3月になりタウンワークでアルバイトを探していたところ正社員募集していた会社があったので受けに行ったのです。

そこが自分に内定を出してくれた会社で、とても良い会社です。

恐らく、これまで面接に行った会社の中で一番良い所だと思います。

以上、ここまでが自分の就職活動でした。

以下は、就職活動を通して思ったことを書きたいと思います。

  • 大学で行う就活セミナー、説明会には極力行った方が良い。
  • キャリア、給料にこだわらなければ小さな会社の方が労働環境は良い(と思う)。
  • 就活解禁日から、きちんと動けるように準備しておく。
  • 就活解禁日から、急に学んだことのない方向に進もうとしても余程努力しないと無理。
  • 自分という人間を観察するのはとても大事。
  • 志望している業種が望み薄と感じたら思い切って違う業種の会社に面接を受けに行くことも視野に入れる。

こんな感じかなぁ。

実は、この他にもあるけど取り敢えずここまで。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です