広島旅 第1夜

今回は広島県に3日ほど滞在するので滞在中のことをあれこれ綴っていきたいと思います。

前回の京都編では写真をCanon EOS kiss X5で撮っていましたが、今回は新人のLeica M8.2を使って撮っています。

それでは行ってみよう。

東京駅八重洲口から深夜バスに揺られること約13時間、広島駅新幹線口に到着。

13時間もバスに乗るのは初めてで体が痛くなりました。

 

l1000557
1

広島駅に着いて最初に向かったのは、今回の旅で最もいきたい場所の一つであった宮島は嚴島神社です。

アクセスの仕方は広島駅から山陽本線で宮島口駅で下車、そこから宮島へ連絡船に乗って宮島へ渡ります。

僕が使った連絡船はJRの連絡船でした。

こんなの。

l1000581
2

連絡船は一応フェリーなので車も運べるようです。

 

嚴島神社は何年か前に日本にある世界遺産に全部回ってみたいなぁと思って調べた中で1番見てみたい景色でした。

特に歴史的背景を知っているわけではないけれど海にそびえる大きな鳥居。妙に惹かれるあの景色。自分なりに写真に収めてきました。

l1000642
3

素晴らしい…

ちょっと工事中だけどそれでも素敵な景色。

神社の本殿にも入って、ここを昔の人が作ったのかと思うと感慨深いなぁと思いました。

 

その後、宮島内をフラフラして歩きました。時期が良かったのでちょっとした紅葉が見れたり、狭い階段と苔が多い印象でした。

l1000690
4

l1000692

でもかなり良いところなので行ったことない人は行ってみてください。

その後 宮島を後にして次は原爆ドームに向かいました。

宮島から原爆ドームまでのアクセスは広島電鉄 広電宮島口駅から原爆ドーム前駅まで一本です。

本日2個目の世界遺産 原爆ドーム

どん!!

l1000716
5

今まで学校の教科書でたくさん見てきているはずで日本人なら知らない人がいないくらいの場所なのに、やっぱり写真では伝わらないものが現場にはあります。

あのドームの下にはたくさんの瓦礫が残っており、重々しい空気を今でも感じ取ることができました。周りには、修学旅行生の姿、海外からの観光客の姿、小さい頃から馴染んで見向きもしない人。あの建物があの姿になってから長い年月が経ち、敵同士だった人たちが同じ場所で平和を願うことができる世界になっていると思いました。

l1000722
6

原爆ドーム近く平和記念公園にはたくさんの修学旅行生がいました。グループ学習をしていたようで少人数に分かれてこうどうしていたのですが、どのグループにも緑色のジャケットを着たご老人たちの姿がありました。どうやら原爆の歴史を教えるボランティアの方々で子供たちにこの場所で昔何があったのかを話して聞かせていました。

その後、広島平和祈念資料館へ。

原爆の被害にあった方々の写真や実部の物がたくさん収められており、あの時の凄まじさを感じました。

外国の方もたくさん来ており、展示の一つ一つを食い入るように見ていました。

原爆ドーム、および平和記念公園も足を運ぶ価値がありますので1度は行ってみてください。

 

この日の夕食は、まっちゃんというお店のお好み焼きでした。

 

img_3228

撮影:iPhone 6s

とても美味しかったです。

マヨネーズのフタがヘルメットになってて可愛かった。

img_3229  撮影:iPhone 6s

 

 

 

そういえば、広電は初めて乗るには難しと思います。

僕は広電宮島口駅で切符を買って乗ったのですが、他の駅だと切符がないようで、ホームページを見ても良く分からなかたのでヒヤヒヤしました。

そして、分からない時は駅員に聞きましょう。

優しく教えてくれます。

img_3225 撮影:iPhone 6s

 

 

最後に、素敵な写真を一枚

l1000739
7

今回の広島旅にはGoogle Mapをつけておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です